新宿区剣道連盟

     
 新宿区一口案内

    
 「内藤新宿」

甲州街道の基点、日本橋から最初の宿場、高井戸宿までは16kと距離が長いので中間地点の信州高遠藩、内藤家の敷地の一部をを幕府が公収し、新しい宿場「内藤新宿」を元禄11年(1698)に開きました。
現在、都民の憩いの場である新宿御苑も内藤家の下屋敷でした。
新宿は江戸四宿(新宿、品川、板橋、千住)の一つとして栄えました。
現在では世界有数の歓楽街としの歌舞伎町や若者のファッションの発信地として広く知られています。
さらに西口に出現した超高層ビル群は新しい新宿のイメージを作っております
 
画像は新宿区の提供


 新宿区剣道連盟 会長挨拶         剣道教士八段  吉山 文男
 
首都東京の中心部にある新宿区剣道連盟の会長に就任し、その重責に身の引き締まる思いであります。
まずは、以下3点を推進して参ります。

1.新宿区剣道連盟の目標「交剣知愛」そして私の信条
  「宥和、団結」の二本柱で会を運営いたします。

(1)羽柴範士、小沢先生、真砂範士と引き継がれてきた「交剣知愛」の精神を守る。
(2)私の信条「宥和、団結」を図る。
宥和~~相手の態度を大目に見て許し、仲良くしてゆく
団結~~心を同じくする人々が目的達成のためまとまる

2.剣道には年齢の制限はありません。
新宿剣連の68歳で初めて剣道を習った方がみごと五段に合格されました。
新宿剣連の稽古は、昼間、夜間と自由に参加できます、若い時にやっていて時間ができたのでもう一度やってみたいと思っている方は、是非道場に来てみてください。

3.剣道を通じて青少年の育成に力を入れてゆきます。
これからの日本の将来を背負う大事な子供たちでありますから、剣道を通じて
気力、体力、精神力を養っていただきたいと思っております。
多くの指導者が待っておりますので、一度見学に来ていただきたいと思います。